Loco Translateの設定について

1 minuteReading Time

Loco Translate(ロコトランスレイト)は、英語のテーマ又はプラグインを日本語化するときに便利なツールです。

WordPressはもともと多言語で作られています。テーマやプラグインには、翻訳用にpoというファイルがあり、これを編集することで様々な言語に対応します。

メジャーなテーマやプラグインは日本語ファイルが用意されていますが、しかしながら、全てのテーマやプラグインが日本語化されているわけではありません。そこで登場するのがこのプラグイン「Loco Translate」です。

新規に日本語を追加する場合

翻訳したいテーマ又はプラグインを選択します。下のように日本語がない場合、言語の追加を行います。

「New language」を選択します。

 

Loco Translate

「1.Coose a language」で日本語を選択します。

「2.Choose a location」で「Custom」を選択します。これは翻訳ファイルをどこに設置するかの確認なのですが、間違った場所に配置すると、自動アップデートによりせっかく翻訳したファイルが上書きされてしまう場合があります。

  • Author (developer only)
    この場所は、テーマまたはプラグインがインストールされているフォルダ内にあります。自動アップデートはこの場所にあるファイルを上書きするので 、作成者の場合はファイルをここに保存するか、ファイルをバンドルに直接追加する理由があります。
  • System (possibly unsafe)
    この場所は、グローバル言語インストールディレクトリ(WP_LANG_DIR)の下にあります。ここに保存されたファイルはWordPressの独自の言語インストーラで上書きできるため、自動翻訳の更新を無効にしない限り、ここにファイルを保存しないでください
  • Custom (recommended)
    ロコの保護されたフォルダで"wp-content/languages/loco/"、自動アップデートから安全で、上記の場所よりも優先されます。このフォルダーが存在しない場合は、フォルダーを作成し、正しいフォルダーがあることを確認する必要があります。

 

1
0
143
1 minuteReading Time

こんにちは。 グローバルリンクです。

KbxBotIcon