FileMaker 印刷、オブジェクトデータの操作

1Reading Time

印刷用紙サイズと設定値

用紙サイズ 向き 高さ
A3 1190 841
841 1190
A4 841 595
595 841
A5 595 419
419 595
A6 419 297
297 419
B4 1031 728
728 1031
B5 728 515
515 728
B6 515 362
362 515
はがき 419 283

印刷・PDF保存スクリプト

印刷及びPDFへの保存スクリプト

グローバルリンク - FileMaker 印刷、オブジェクトデータの操作

解説

  • レイアウトを印刷用のレイアウトに変更するので、キーとなるIDを変数に保存
  • 同様にレコード番号を保存して、元のレイアウトに戻った時にレコードを移動する
  • ダイアログボックスを表示して印刷なら1,PDF保存なら2
  • $PDF保存場所は、プラットフォームの種類によって作成方法が異なる。下記参照
Case ( 
Get ( システムプラットフォーム ) = 1 ; "filemac:" ;
Get ( システムプラットフォーム ) = -2 ; "filewin:" ; 
"" )
 & 
Get ( ドキュメントパス ) & 
売上入力機能::c_会社名 & "-" & 
Filter ( Get(タイムスタンプ) ; "0123456789" ) & 
".pdf"

 

PDFファイル(その他ファイル)をレコードに挿入

保存するレコードへ移動後、「ファイルを挿入」スクリプトステップを実行する。
例では、ポータルのPDFフィールドにPDFファイルを挿入する。「$PDF保存場所」は、印刷ステップで作成したファイルまでの絶対パスが入る。

グローバルリンク - FileMaker 印刷、オブジェクトデータの操作

解説

  • 「ポータル内の行へ移動」は移動場所に注意。ソートが入るとポータル行が変わることがある。例では新しいレコードが上に来るので、「最初の」で指定している。
X
ようこそ! グローバルリンク
Welcome to WPBot