Ajax(jQuery)通信について

1 minuteReading Time

Ajax通信の書き方につて備忘録として記録します。
※jQuery1.6以降
JavaScript

$.ajax({
	url: 'test.php',
	method: 'POST',
	timeout:4000,
	data: {
	     'career':0123 //nameがcareerで0123を送信
	}
	}).done(function(data, textStatus, jqXHR) {
	        alert('success!!');
                console.log(data); //戻り値を取得
	}).fail(function(XMLHttpRequest, textStatus, errorThrown) {
	    alert('error!!!');
            console.log("XMLHttpRequest : " + XMLHttpRequest.status);
            console.log("textStatus     : " + textStatus);
            console.log("errorThrown    : " + errorThrown.message);
	}).always(function(data) {
      //常に実行する処理
});

failの場合エラーログを出す
・XMLHttpRequest.status:HTTPリクエストのステータスの取得
・textStatus:タイムアウト、パースエラー等のエラー情報の取得
・errorThrown.message:例外情報の取得

PHPファイル

$selected_career = filter_input(INPUT_POST, 'career');

//処理
echo $selected_career;

returnを使うと返ってこないので、echoを使う。

参考URL

【ajax】通信エラーとなった原因の取得方法

0
0
40
1 minuteReading Time

こんにちは。 グローバルリンクです。

KbxBotIcon