ファイルメーカーの基本

1 minuteReading Time

2-8.追跡フィールド

各テーブルには、履歴を管理するフィールドを作成します。作成者、修正者及びその日時を記録することで、問題の追跡に有用です。

追跡フィールド

ファイルメーカー18では、テーブルを作成すると同様のフィールドが作成されますが、あくまでファイルメーカーが使用するフィールドとし、別途作成します。

グローバルリンク - ファイルメーカーの基本

各フィールドにオプションを選択します。「値変更不可」を設定しておくことで、誤って上書きされることを防止します。

 

2-10.プライマリキーの設定

テーブルにはユニークなプライマリキーを設定します。

プライマリキーオプション

「CUS0000000001」と0を入れることで、ソートした時に数字としてソートされたようになります。

条件式

if文

If (条件式 ; 結果1 {; 結果2} )

条件式の評価結果が真 (0 以外の数字) の場合、FileMaker Pro では、結果 1 が返されます。条件式の評価結果が偽 (0) の場合は、結果2 に指定された値が返されます。

例)If ( 国 = “日本” ; “日本サポートセンター” ; “海外サポートセンター” )

例2)If ( 州 = “CA” ; 小計 * CA 税率 ; 0 )

購入者がカリフォルニアの住人の場合は税金の額を、それ以外の場合は「0」を返します。

0
0
215
1 minuteReading Time

こんにちは。 グローバルリンクです。

KbxBotIcon