スクリプトサンプル

2 minutesReading Time

簡単なスクリプトサンプル集

メールを起動するボタンの実装

メールアドレスフィールドの横にメールボタンを設置して、メールボタンからメーラーを起動します。

ツールから「ボタン」を選択して配置し、「アイコン」を選択。

処理には単一ステップを選択します。

「メールを送信」ステップを選択し、ダイアログは「オン」に。

「宛先」のオプションの設定で、宛先を該当のテーブルのメールアドレスフィールドを選択します。これで、ボタンを押したときに、そのアドレスが入ったメールが自動的に立ち上がります。

 

ホームページを表示するボタンの実装

URLフィールドの横にボタンを設置し、ボタンを押すことでブラウザを立ち上げてホームページを表示する機能の実装。

ツールから「ボタン」を選択して配置し、「アイコン」を選択。

処理には単一ステップを選択します。

「URLを開く」ステップを選択し、オプションには該当テーブルのURLが入っているフィールドを選択します。これでボタンを押すとブラウザが自動で立ち上がり、入力されているURLにアクセスされます。

値の入力判定を含んだスクリプト

上記単一ステップから少し発展させて、URLの入力があった時のみブラウザを起動する方法。

上記のようなスクリプトを作成し、ボタンの処理に適用する。

印刷ボタンに設定するスクリプト

印刷スクリプト

【解説】

1行目

「レイアウト切り替え」で印刷レイアウトを選択。ここでは「Print Contact」に該当

2行目

「印刷設定」でで左の設定を開き、用紙の設定等を行う。設定は記憶される。今回はダイアログ表示は「オフ」に設定したが、必要に応じて「オン」にしてもよい

3行目

実際の印刷。プリンターの設定等を行う。ダイアログ表示は必要に応じて設定すればよい。

4行目

「レイアウト切り替え」で元のレイアウトに戻し終了

 

レコードの移動

前後へのレコードの移動ボタンの設置とレコード位置の表示

レコードの移動

ボタンについてはいずれも単一ステップで実装します。

レコード移動ボタンのスクリプト

レコード位置の表示については、ページ番号は「挿入」の「ページ番号」、レコードの総数は「挿入」の「その他の記号」から「レコード総数」を選択します。

 

0
0
25
2 minutesReading Time

こんにちは。 グローバルリンクです。

KbxBotIcon